前へ
次へ

化粧品の下地は使うべきか

最近は小学生も化粧をするようになりましたが、ほとんどの方は社会人になってから、化粧品に気を使うようになるのではないでしょうか。
テレビや雑誌、インターネットなどで情報が溢れていますが、同じ情報がない分、迷ってしまいがちです。
私は、若い頃は、化粧水の後にいきなりファンデーションを塗っていました。
ですが、それだとファンデーションもよれやすく、肌荒れもしやすかったのです。
歳を重ねるにつれ、自分の肌や化粧品により関心を持つようになりました。
クリームタイプの下地を使う方、日焼け止めを下地にされる方と様々だと思いますが、自分に合った下地を見つける事が大切だと思います。
下地をつける事で、紫外線も防げますし、ファンデーションのよれもなくなります。
ランキングなどで探すのもいいですが、自分の肌に合ったものを探したいですね。

お肌をランクアップ出来るのが下地です

ファンデーションやパウダーなどの前に使用する化粧品が下地です。
下地は乳液状のものが一般的ですが、より保湿効果のあるクリーム状のものも現在では販売されています。
下地を使うことのメリットは実際多いです。
肌を明るくみせるというのがよく知られている効果です。
明るめのベージュや白、ピンクなどの色味であれば、素肌よりもワントーンは肌を明るくみせることが出来ます。
保湿効果の高いものを使用すれば、一日中渇き知らずの肌で過ごすことも可能です。
最近は年間を通しての紫外線対策が必要とされていますが、UVカット効果のある商品を使用すれば紫外線対策も同時に出来てしまいます。
ファンデーションのみを使用するよりも遥かに肌を美しく見せることが出来るのが下地の威力なのです。

Page Top